永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

執筆秘話(5/5) 最終第5話:また会う日まで。改定版はどうなるのか?

2013年に出版した拙著「絶対に達成する技術」は2019年7月31日で絶版になります。(リニューアル出版のため) 
それを記念した執筆秘話(限定5話)を順次アップしています。

最終 第5話:また会う日まで。改定版はどうなるのか?

「絶対に達成する技術」を私から出版社に頼んで絶版に
してもらった理由は
・再度、流通させるために改訂版を出版すること
にあります。

そこでどのあたりを改定するかここで考えたいと思います
まず今出版されている「絶対に達成する技術」の目次を確認しましょう。

ーーーーーーーー
序章「達成できないスパイラル」から抜け出すのは今!
 01:ダイエットが失敗する5つのワケ
 02:誰でも目標が達成できる!5つの技術

第1章 絶対に達成する人の「目標を立てる」技術
 01:「日付」の書かれていない目標は、単なる「願い」である
 02:達成できない人の9割は「問題」と「課題」の違いを知らない
 03:「いつまで」と「数字」の2つがなければ行動目標と呼べない
 04:「成果」を考えると、仕事は一気に減る

第2章 絶対に達成する人の「行動を続ける」技術
 01:”絶対に達成する人”は「行動習慣」に目をつける
 02:「ミスをしない」「勉強する」「信頼を得る」が続かない理由
 03:ゼロから新たに何かをしようとするな!行動は「ついでに」やれ
 04:公開!これが続ける人の7つのチェック表

第3章 絶対に達成する人の「行動を振り返る」技術
 01:ほとんどの人は「できなかったこと」しか見ていない
 02:「改善策」だけ書くのは「振り返り」としては0点
 03:「ごめんなさい」はいらない。必要なのは「自分を見つめること」
 04:振り返りには必ず「4つの要素」を入れろ
 05:一万人のデータが語る「成長軌道」に乗るまでのプロセス

第4章 絶対に達成する人の「人から吸収する技術」
 01:孤独は、目標達成の最大の敵
 02:「チャック、開いてますよ」と言ってあげられる人が成長する理由
 03:悩んだら上司ではなく「隣の部門の先輩」に話してみる
 04:「いいね!」はときにあなたの成長を止める
 05:「共感」は緊張を和らげ、「質問」は達成を後押しする

第5章 絶対に達成する人の「行動を変える技術」
 01:「初志貫徹」の人は意外に結果がでない
 02:3週間続かなかったら「もっと簡単な行動」に変える
 03:目標達成は「ゲームで面をクリアする」かのように進める
 04:期待に応えていくと自分の「市場価値」がわかる
ーーーーーーーー

今読み返しても目標達成の技術が網羅されていて古さを全く感じません。
むしろこれからのビジネスパーソンにより重要になってくる目標達成の技術
がまとめられています。

さて今の時点で改訂版で載せようと思っているコンテンツは以下です。

1章「目標を立てる技術」
  達成基準の説明を加えます。
  ”数値目標”以外にも「●●●できるようになる」といった自己成長目標
  がありますが、その基準の設定の仕方のノウハウが重要となります。  
また、与えられた、やらされ感のある目標を自分自身の揺らぎのないもの
にしていく技術も加えます。

2章「行動を続ける技術」
  行動計画の実践度を上げる技術を、もっとわかりやすい文章にします。
  また自分の特性をみて楽しみながら習慣化する技術にも触れます。
  また「行動習慣化7つの技術」も最新のノウハウにアップデートします。

3章「行動を振り返る技術」
  感度センサーの表現をペルソナや深層心理で説明します。
  また、EQに関して感情部分をもっと深掘りして伝えます。
  クリティカルシンキングではどういう「問い」をすれば
  目的思考になるのかを論述します。

4章「人から吸収する技術」
  タイトルを変え人と学び合うための技術にも触れます。
  また組織での活用として相互成長関係づくりも説明します。
  また、”質問”のブーメラン効果をもっと深掘りして、
  理論背景なども技術します。
 
5章「行動を変える技術」
   できたことを増やす価値と”ありたい姿”に関しても伝えます。
  当初”あとがき”になってしましった”ありたい姿”が、やっと
  日の目を見る日がやってきます。

全体的に小話をあまり時代を感じさせないものに変えます。
この「絶対に達成する技術」(メソッド名:PDCFAサイクル)
は普遍的な目標達成の技術になるので、ロングセラーになるように
したいと思います。

なんとか今年11月には、改訂版を出版したいと思いますので
お楽しみにしてください。
そしてみなさんのビジネスの成果を高めるために使ってもらえたら
著者冥利に尽きるということでとても嬉しいです。

では、これで
「絶対に達成する技術」の執筆秘話!
全5話を終了します。
では改訂版で会いましょう!

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook