ネットマンライブ

ネットマンライブ

これからの上司と部下の関わり方 ネットマンライブVol.06

これからの上司と部下の関わり方  ネットマンライブVol.06 レポート!

今回は第6回目にして、なんとインドネシアからも参加して頂いたり、
たくさんコメントも頂きました。どんどんネットマンライブ盛り上がって参ります。

さて、今回のテーマは「上司と部下の関わり方」でした。
昔は部内旅行や、運動会など、インフォーマルな交流の場所があり
上司と部下との関係でも無礼講でも大丈夫な場面が多かったですよね。

でも最近は、そういった行事が減っている。
飲み会に誘っても断られる。
働き方改革で、仕事時間も減っている。
上司と部下の信頼関係を築くためのコミュニケーションの
取り方に困っている方が多いのではないでしょうか。

また、上司が部下に気を使いすぎているという話もあります。
あるお客さんの事例ですが、
新入社員に話を聞くと、「自分は仕事やる気ありません」と平気でいう
そんなんだったらやめちまえ!とはパワハラになって言えない、とか。

机をたたく音の大きさでパワハラが決まる?なんて冗談もでましたが
ハラスメントは、受け取られる側次第の部分もあり、委縮されている
方も多いようです。

結局は普段からの信頼関係、承認関係が大切になってきます。

ネットマンでは、普段からの信頼・承認関係を構築するために、
フィードバックの重要性を提唱しています。
私たちのフィードバック技術とは「共感+質問」
共感: 相手が受け入れやすい状況をつくる
質問: 相手に気づきを与える質問。押し付けではなく、
相手の成長を目的に、自分毎にしてもらうための質問

注意しなくてはいけないのは、共感と褒めるとはは違うということ。
ありのままの存在を認めるだけでいいのです。
ただし、共感にて、承認関係や信頼関係が築けているところに
思考を深めるための「質問」をすることで、
うわっつらの関係で終わらないことが大切です。
子育てにも使える技術ですね!

さて、こんな質問頂きました。
【質問】
2年に1度の転勤、新しい部下と、どうしたら信頼関係を早く作れますか?

上司の方からどうゆう働きかけをするか?が大切かなと思います。
知らず知らずのうちに、鎧をまとっているかもしれないですよね。
上司の方から脱いだ方が、部下も脱ぎやすくなります。

ネットマンの「できたことメソッド」は、社員のできたことを共有するので
部下のいいところを見つけやすく、気楽なコミュニケーションを作る環境が作りやすくなります。
こうやって、共感を与える環境が作れれば、鎧も脱ぎやすくなるのでは?と思います。

部下から上司への質問もハードルがあるようですが、これも是非お勧めです。
仕事の環境は劇的に変化し続けています。
上司からみたら、部下が直面している問題がわからないことがあるかも知れません。
質問し合うことで、お互いの理解を深めることが重要です。
【質問】
仕事に手を抜く上司にはどうしたらいいですか?

ものすごく効率的にやられていますが、成果目標はなんですか?
と部下から質問しましょう!(笑)

【質問】
理想の上司像を芸能人でいうと誰ですか?

永谷:りんごちゃん
あんな風に、ちょっとふざけて「やってみよーぜー」
って言ってくれるぐらいのほうが、仕事やりやすい!
(笑)

といった内容のネットマンライブでした!
「共感」がある現場で楽しく仕事したいですね。

このライブ動画はこちらから見れます!

次回は2月11日 12:30~ テーマ「父親と子育て(俺流)」
4児の父である永谷が俺流子育てについて語ります!

  

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook