永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

2017年スタートしました

2017年(平成29年)が始まりました。17周年になります。
昨年のテーマは「事業イメチェン」でした。Netmanの市場での立ち位置を
転換するために昨年は以下の5つのことを実践しました。

1)企業向けOJT文化構築コンサルティング
新人教育や管理職研修といった単発の研修の行動定着サービスから一歩進め
企業のOJTの文化と仕組みを再構築するための支援を行ってきました。

2)大学、高校での授業の実践
7月に発売した「できたことノート」を軸に、生徒たちが自己肯定感を上げて
前に進む力を身につけてもらうため積極的に学校での授業を実践しました。
http://dekitakoto.jp

3)Netman-Global社設立(アメリカ・ニューヨーク)
VicePresidentに吉田玲子氏を迎え、米国で2012年に特許を取得した行動変容系
ITシステムの販売と人工知能の研究の基盤作りをスタートしました。
http://netman-global.com/

4)コーポレートアイデンティティ転換
ホームページを刷新。ロゴも変えました。またミッションも1つ上の目線で作り直し
自社の存在意義を明確にました。 
https://netman.co.jp/

5)教員向けの新サービス販売開始
C-Learning(開発コードAir) として学校・教員向けのサービスを開始しました。
「スマホ授業」というロゴで「学生がやる気になる授業」というキャッチコピーの
クラウドサービスです。
http://c-learning.jp

2017年のテーマは「変化前進」としました。
以下の6つの重要施策で変化を前に進めていきます。

1).今までのビジネスを大事にする
 これまでパートナーと取り組んできた大企業向けや大学向けのビジネスを
 今まで通り大切に維持・発展させます。サポートも充実させます。
 ・企業:目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」の導入
 ・学校:教員向けC-Learningや職員向授業評価アンケートシステム導入

2).中小企業向けの商品を開発する
  中小企業向けにシンプルで従業員全員が関われる研修やITの仕組みを
  新規に開発します。キーワードは自己肯定感とフィードバックです。

3).海外で売り上げる
  昨年より準備してきたNetman-Global社を軸にまず北米でITサービス商品を
  販売していきます。またアジアにも足場を整えるべく調査活動を開始します。

4).新しい体制を整える
  今までの販売パートナーとの共同ビジネスを大切にしつつ、直販拡充のため
  まず、東京本社勤務のコンサルタントやマーケティング担当者を採用します。
  またITサービスの向上のためアプリ開発者やテスト要員を増員します。

5).マーケティング業務を完成させる
  ブログ、メルマガ、ニュース、ソーシャルメディア、ダウンロード資料などを
  使ったマーケティング業務をルーチン化させます。

6).「自己肯定感」を広げる
  学校教育や医療関係の分野に「できたことノート」を広げて自己肯定感
  を高める活動を行っていきます。私も直接、生徒たちに関わっていきます。

以上が年初の宣言です。ではどうぞ2017年も宜しくお願い致します。

以下、刷新したネットマンのミッションです。

◆ネットマン ミッション
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本当の自分を、解き放つために。
人と人が、高めあう場を創造する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こうありたいと願う、未来の自分。
そのために必要なものはもう、自分の中にある。

能力も。可能性も。解き放たれるのを待っている。

自分が「できたこと」を見つめる。「考えたこと」を伝える。
関わり合いの中で、ひとりでは気づけなかった考えを発見する。

何より、自分で自分を信じ続ける。
すると、自分の奥で眠っていた、本当の自分が現れてくる。

私たちが創造するのは、人と人とがお互いに高め合う場。
時間も距離も立場も超えて、共感しあい問いかけあう場。

科学的な理論を採り入れ、学びの現場から声を集め、
磨きをかけてきた私たちの発明。

ひとりでも多くの人が自分の可能性に気づき、
踏み出すための力になりたい。

人の可能性を信じ続ける、ネットマンです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook