永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

自己成長のOSを書き換える

今日の富士山 2013年5月27日(月) 曇り

今日は曇っていて富士山は見えません。涼しくて気持ちのいい朝です。
さて
先週金曜日は気の知れた仲間と新しいネオコンサルティングファームについて話し合っていました。
新しい教育サービスとして、企業で働く人の職場での活躍を支援するための人材育成・組織開発のサービスを作ろうというものです。

その中で自己成長するためのOSの話がでました。

人は働きながら仕事の中で成長していきます。その中で自分の軸ができていきます。
新人のころやリーダーに成り立てのころは特にこの軸が強くできるころで、自分の働くスタイルが確立するころでしょう。
これを自分自身の中にある自己成長のOSと呼びます。

その成長のOSが40台をすぎてくると、
・既成概念にとらわれたり
・変化がおっくうになったり
して、古くなってくるのです。さびてくるとでもいいましょうか、時代遅れになっていても自分で気づかないことがあります。

そこでOSを書き換える必要がでてきます。書き換えるといってもソフトウェアではないので、DISKに保存すればいいというわけではありません。
OSを書き換えるためには
・行動習慣を変えること
しかありません。
まさに行動を変えることによって思考を変えるということです。

小さい行動を続けていくと、少しずつ凝り固まった考えがほぐれてきます。だんだん柔軟な考えができるようになってくるのです。
ある程度、ほぐれてきたら、新しいテーマの目標を立てることができます。受け入れる心の準備ができるということでしょう。

まさに、OSを書き換えるごとく自分の自己成長の基礎工事をするのです。
どうでしょうか。
自分の成長について科学的に考えてみるといいかもしれませんね。精神論だと疲れるし年齢論だと悲しいですからね。。笑

では
「今日も元気にいってらっしゃーい」

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook