セミナー・イベント

セミナー・イベント

第5回C-Learningセミナー 東京

テーマ:今、教育機関に求められるICTシステム
場所:Human Capital Studio
参加:大学約40校
主催:株式会社ディスコ
アジェンダ
1. 挨拶
株式会社ディスコ 取締役 尾林正幸氏
2.「C-Learningで実現するアクティブラーニング」
発明家 株式会社ネットマン 代表取締役 永谷研一氏
3.「大規模大学での授業改善アンケートのWeb化」
法政大学 学務部 教育支援課 課長 平山 喜雄氏
4.「FDアンケートの駒沢大学での実践事例」
株式会社ディスコ 教育メディア開発部 課長 久保智宏氏
5.「スマートフォンを使った出席管理と基幹連携」
株式会社ディスコ 教育メディア開発部 窪田祥子氏
6.質疑応答
後記
(永谷より)2001年にサービスが開始されたC-Learningは教員が授業で活用する「授業支援システム」でした。
教員向けのサービスはもちろん続けているがそれはケータイ活用教育研究会への提供に代表される
「研究目的」のために使われてきています。
一方、教務支援に関してはディスコ社さんとの歩みの中でC-Learningは改良されて発展してきました。
・授業評価アンケート
・全学出席システム
・教職履修カルテ
・留学ポートフォリオ
の4つがその代表例です。
今回のセミナーは上位2つのユーザーが登壇し(一部ビデオ出演)、実践事例が発表された
という部分で、とても発展的でした。しかも各々の大学で3万人以上の学生が利用している
事例です。
本格的にアクティブラーニングの基盤としての学校ICT化がスタートしたという感があります。

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook