永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

手作りホバークラフト動いた!

2014年11月17日 晴れ
今日は良く晴れていますが富士山は雲で見えません。
久しぶりにブログを書きます。

昨日は、地元、長泉・宇宙の学校のスクーリングでした。
「ホバークラフト」をみんなで作って楽しみました。

Youtube
–> 映像はこちら(19秒)

宇宙の学校とは、JAXA宇宙教育センターの教材を
使い、NPO子ども宇宙未来の会が中心となって
全国で展開している「理科工作の実験ワークショップ」
です。
私も静岡県東部のこの地域で2009年から5年やってきました。

今年も2ヶ月に一回程度、こうやってホールに集まり
実験を楽しんでいます。

・熱気球を上げたり
・ロケットを作ったり
・静電気で遊んだり

しています。

実験はすべて「親子」で協力し合って作れるようになっています。

しかし、このワークショップの特徴は、単なる実験教室
でない点です。

1つの特徴は、家庭学習が中心である点。

・アイスクリームを作ろう
・リモコンの秘密を探ろう
・海はなぜ青いんだろう。

といった子どもの興味を引くテキストが40種類以上
配られるのです。

毎回、家庭でやってきたレポートを子どもたちが発表
します。
発表をただ聞くだけでなく「質問」によってさらに学びを
深めます。

このように「つながり」を大切にしているのです。

・親子
・子と子
・親と親
・地域

このつながりを理科の実験の学びからつくっていきます。

もちろんそのベースにあるのが子どもたちの

「わくわく心に火をつける」

です。

私も学習者が主体の「場」を形成するためにどのような
運営がいいかいつも考えています。

少なくとも主催者側が目立つ事がないように気をつけて
います。

気を抜くと単なる「イベント」に成り下がってしまうので。

このような場を通じて、地域のつながりが出来たらいいなと思います。
自分の子だけでなく(それを通じて)他の子どもにも関わって行く関係です。
教育と地域づくりが同時にできると思うのです。

子どもの未来を感じながら暖かい地域を作って行きたいものです。

では次回、1月18日のスクーリングが楽しみです。

その前に、今月11月30日には「はやぶさ2」の打ち上げ
がありますが。

ではー!

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook