永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

成長する人の内省とは(ある留学生の話)

2014年10月17日(金)晴れ

今日の富士山は快晴の中でザ・ニッポン!と言える
きれいな姿を見せています。
さて
昨日は、とある大学に行って教職員向けのワークショップ
を開催してきました。
テーマは

「成長する人の内省とは?」

です。

この大学では、留学に力を入れており毎年多くの学生
を海外の様々な場所に送り込んでいます。
国際キャリアセンターが支援をしてITを使って手厚く
フォローも行っています。

留学前においても事前授業を行っており
ひとり一人に「目標を設定」させています。

学生たちは毎週eポートフォリオのシステムを使って
「この一週間で学んだことを振り返り、文章を書く」
ということをやっています。

「学習履歴」

と言います。

このようなことを通じて、単なる語学留学ではなく、
様々な社会人・グローバル人としていの行動様式
を身につけていくというプログラムになっているのです。

問題は、その学習履歴の文章の内容です。

例えば、ある学生の文です。

ーーー
山田花子(仮称)

目標「内向的な性格を外向的に変える」

2014/7/10  振り返り文

アメリカに到着したばかりの私は相変わらず勇気がなく
誰にも話しかけられませんでした。ところがクラスメイト
が話しかけてくれたので勇気を出して英語で話したところ
とても気さくに話せました。またボランティア活動に参加し、
活発的な行動ができたと思います。

ーーーー

この文章を見て皆さんはどう思われますか?

まずひとつ良い事は

目標に対して、どう経験したかを書いている点です。

「目標達成に向かって成長しようとしている姿」

が見られます。素晴しい事です。

しかしもったいない点も多く見受けられます。

・クラスメイトとどんな事を話したのか?
・ボランティアで活発にできた理由は何なのか?
・そのときどんな気持ちだったのか?
・次はどんな工夫をしようとしているのか?

すわなち
詳細な事実、原因の分析、本音の感情、次なる行動
の4点が書かれていないのです。

これでは、単なる反省文になってしまい感想文と
変わりがありません。

「経験から学んだ事」

にはならないのです。

内省=内を省みること

「自分で気づく力の養成」

となります。

留学という貴重な経験をしているのですから、
ぜひ自分の成長につなげてほしいものですね。

それにはまず内省技術を習得してから振り返り文を
書くようにすると良いと思います。

継続することで必ずや自己成長のOSとなるでしょう。

では!

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook