永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

感性を育てる体験とは何か

2013年12月19日(木)

今日も天気は曇り。富士山は見えませんが、愛鷹山に雪が降ったんですね。
昨日、あるパートナーとの忘年会でたまたま静岡県人(富士宮出身)がいて富士山マニア話で盛り上がりました。
さて
この日曜に東北芸術工科大学にてシンポジウム
「小中高生の生きる力を育む”芸術思考”の可能性」に参加してきました。
芸術思考とは”感性”を磨くには最適だなと感じました。

基調講演された長南先生曰く、感性は”体験”することによって育まれるとのこと。
感性は解発されるとのこと。解発とは”解き放たれる”という意味であり、
感性を解発する「四体験」は以下だそうです。

”二極対立体験”
暑い   ー 寒い
うれしい ー かなしい
苦しい  ー 楽である
空腹   ー 満腹
甘い   ー 塩辛い

”原体験”
星や夕焼けを見る
1000M以上の山に登る
兄弟喧嘩
魚をとって食べる

”追体験”
泳ぐ
泥遊び
木登り
マッチを擦る
ナイフ使う

”境目体験”
生(小動物と遊ぶ) − 死(祖父母の死)
危険 ー 安全
晴れ ー 雨
日本 ー 外国

なるほど。記憶に残るような経験が感性を育てるんだなと思いました。

『人生を楽しむなら感性を磨きなさい』という言葉があるそうです。
なんでも経験ですね。人生を楽しむなら。

さあ上げますね
今日も元気に「いってらっしゃーい」

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook