永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

大学生からのメッセージ

2013年12月13日

今日も素晴しい朝焼けの富士山が現れています。雄大ですねえ。
さて
先日講演した大学の学生から感想(メッセージ)が届きました。
学生のみなさん、ありがとうございます。とても励みになりますし、勉強になります。

11人分を加工せず匿名でそのままアップします。読み応えがありますよ〜。笑
——–
永谷先生
本日は貴重なお話をありがとうございました。私は小学校教育へのICTの活用について研究を進めています。今日学んだことを今後の研究に生かしていきます。
佐賀県武雄市でタブレットが導入されたニュースは個人的にも注目していたので永谷先生が関わっていると知りとても驚きました。私はICTを活用することが児童生徒の理解につながるとだけ思っていましたが、教師の校務力、教務力の向上が結果的に授業の質を上げることになるという考えを持つことが出来ました。
武雄市の例がどの地方自治体にも波及することは現時点では困難です。その対策についてと考えられたらと思いました。
今日はお忙しい中ありがとうございました。
3年
——–
永谷さんの、厳しい状況にあるにも関わらず諦めない姿勢に勇気をいただきました。
私はずっと楽器を続けてきて未だ思うように吹けないというのが現状なのですが、大学を卒業した後も続けて自分の理想の音を追い続けてみようかな、と思いました。
部活の引退間近で永谷さんのお話を聞くことができて本当に良かったです。前向きな気持ちになれました。
これから社会人で不安もいっぱいですが、永谷さんのお言葉を思い出しながら毎日着実に頑張って行こうと思います。
ありがとうございました。

4年
——–
永谷さん、先日は刺激的なお話ありがとうございました。いただいた本もいただいた日ですべて読み切りました。
どんな質問にもすぐに的確に答える永谷さんをみて、ゼミのみんなが仕組まれてるんじゃないかと疑うほどでした(笑)
辛い状況を辛いと思わない、苦手な人は自分を成長させてくれると考える、ポジティブな永谷さんを見習ってわたしも、夢というよりも小さな目標を、ひとつずつ叶えていきたいです。
今後もご活躍を期待しています!

3年
——–
お忙しい中、貴重なお話ありがとうございました!
私は、現在就職活動中で毎日説明会に足を運んでいます。そんな中で思っていたことが、昔から夢も何もないから何を仕事にしたいのかわからないということでした。しかし、永谷さんのお話の中で「仕事名ではなく、どんな働きぶりをしたいかを大事にするべき」という言葉に胸を打たれました。やりたい仕事が浮かばなくても、どんな働きぶりをしたいかが私にもあることに気づけたことは大きな収穫です。今後、それを軸にして仕事名にとらわれずに広く社会を見ていきたいと思っています!
最後、「価値観が合わなくても結婚しても良いのか」と結婚観についても質問し、富士山に例えた的確なアドバイスをもらえたことも私にとって大きなことです。それくらい刺激を与えられた時間でした!とても 楽しかったです、ありがとうございました!
また是非お会いしたいです!!

3年
——–
実は最初はITって聞いて、私にはあまり関係ないかなと思っていたのですが、お話がとっても引き込まれるもので、私にも共通する内容でしたので、とても充実した時間になりました。
私にも今目標があります。その目標達成のために、今できることをしよう!という気になりました。ありがとうございました。

3年
——–
永谷さん
私たち学生のために公演をしてくださり、ありがとうございました。永谷さんのお話を聴いて、自分の生き方について深く考えることができました。
永谷さんの「人生の目標は好きな働きぶり」という意味合いの言葉が一番心に残っています。
私は、「将来の夢は?」という質問に対して仕事の名前しか出てこないような社会や教育に違和感を感じていました。生きる上で大切なのは”仕事ではなく満足できる生き方”だと思っていた私は、よく友達に「人として生きる前に生き物として生きたい」と言っていたのですが、表現が下手くそなせいで全く友達にも通じていませんでした(笑)。
そこで永谷さんの言葉を聴いて、自分が言いたかったことを代弁してくださった気がして、とても嬉しかったです。今自分なりに表現するとすれば、「人に認められ生きててよかったと思えるために、自分がどのように人と関わり世界の歯車としてうごけるか。」と言ったところでしょうか。自分が満足できる出来るよう、生きてみようと強く思うことができました。
また、永谷さんの本やお話から、目標達成の為の技術についても学ぶことができました。今私はいろいろあって気持ちがゲンナリしてしまっているのですが、永谷さんのおっしゃっていた方法でならなんとかやっていけそうです。これから取り入れていきます。ありがとうございました。

4年
——–
貴重なお話をありがとうございました!
ICT教育についてのお話はもちろん、目標達成についてのお話も非常に印象的でした。
特に好きな“働きぶり”で仕事を選ぶというお話は目からウロコでした。現在就職活動中で、今までは仕事内容ばかりを気にしていましたが、自分らしい働きぶりのできる企業を探したいと思いました。就活が解禁になり少し落ち込んでいましたが、自分の視野が広がり、心が軽くなりました。

3年
——–
永谷さん

この度は貴重なお話をありがとうございました。
「やり方の発明」は永谷さんらしい言葉だなと思いました。私も思わずメモしてしまいました。もっと効率よくするためには、もっと楽にするためには、という考えは、怠け心にも捉えられますが、見方を変えれば新しい発想を生み出す大事な思考かもしれません。
永谷さんの発明家への道は、赤裸々なエピソードが非常に興味深く、また共感するところも多かったです。私も、小さい頃に思い描いていた通りの人生にはなっていません。時々周りの友達を羨ましく思ったり、本当はもっと違う人生だったかもしれないと思ったりもします。でも今が楽しいのも事実です。最近になってようやく前向きになり、自分から距離を置いていた友達とも会う機会を取るなどして、縁を大事に過ごしています。永谷さんのおっしゃる通り、好きな人・嫌いな人…多様な人と接することで視野を狭めないようにしていきたいと思います。
私は来年から社会人です。不安も大きいですが、わくわくもしています。頑張ります。お話本当にありがとうございました!

4年
——–
永谷さん、先日はお忙しい中、私達のために講義をしてくださり有り難うございました。
私の研究のテーマがまさに教育におけるICTの活用だったので、大変興味深いお話から研究のヒントをたくさん頂くことができ、非常に充実した時間を過ごさせて頂きました。
特に10年以上前から教育とデジタルデバイスとの連携に目をつけ、今とまったく変わらないシステムを提供していたことにとても驚きました。
また、永谷さんの苦労した時代はまさに金の卵という言葉から、こつこつ努力することの大切さを実感し、これから頑張っていこうという勇気を得ることができました。
ためになるお話をたくさん聞かせて頂き、本当に有り難うございました。永谷さんの講義は今後の人生における励みになると思います。今後ともお身体をご自愛なさって、頑張ってください。

3年
——–
永谷様
先日はお忙しいなか、貴重なお話をありがとうございました。非常に興味深く、聞き入ってしまいました。
正直私も今までに劣等感や嫉妬と戦った経験があります。しかしお話を聞いて、そんな風に思うことよりも、自分でやりたいことをやって目の前のことに一生懸命になって小さな目標からでも達成していけば良いんだということに気付かされました。
来年から働く就職先は誰もが聞いてわかるような会社では決してないですが、しかし自分がやりたかった仕事ができる会社です。やはり昔からの劣等感や嫉妬によってやりたいことができる会社よりも、「誰もが知る一流企業」に憧れを抱いてしまった時もありましたが、やりたいことができる会社を選んだことは間違いではなかったのだと思うことができました。来年から仕事をするのが楽しみになりました。
ありがとうございました。

3年
——–
永谷さんのお話しを聞いて、ICT教育を実際に自分でも体験できて楽しかったです。またICT教育の実践例のお話しも聞けてICT教育が実際に行っていることなのだと実感がわきました。ICTという言葉は普段から(授業中などで)よく聞くのですが「こういう授業にしたほうが良い」とか「このような教材がある」といったお話ばかりなので実践例を聞くのはとても興味深かったです。講義中にスマートフォンを使ってのフィードバックは新聞では見たことがありましたが自分で体験することができてわくわくしました。使ってみて普段、大勢の前で意見を言えない人にとっても発言しやすくなるものだと実感しました。普段発言しない生徒にとってもそれぞれ違った意見があると思います。そのような生徒でもディスカッションできる場を設けることや、みんなの意見やデータを見て考えることもできるようになり、生徒にとっても教師にとっても楽しい授業になるのではないかと感じました。
永谷さん自身のお話では永谷さん自身、毎日わくわくした生活を送っているのだという印象をうけました。苦労や困難にぶちあたった時もそこで立ち止まって落ち込むことではなく、逆にそのこと自体も楽しんでいけるような考えを持ちたいです。私自身就活で暗い気持ちになりかけていましたがとてもわくわくした気持ちになれました。ありがとうございました。

3年
——–
以上

どれも素晴しい内省文ですね。私も学生のころの揺れ動く気持ちを思い出しました。
みなさんそれぞれいろんな想いをもって聞いてくれていたんですね。ありがとう。

また会いたいですね。成長した君たちの姿が楽しみです。

さあ
上げますね。今日も元気にいってらっしゃーい。

 

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook