永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

売上目標を達成するプロジェクト

2014年6月11日(水) 曇り

今日もうっすら富士山が見えてます。
まるで水墨画のようです。
さて

昨日ある企業で、
目標達成のための研修
を行いました。

テーマは

今期の売上げ目標を達成する

です。

具体的に重点的に販売促進する商品が
指定されてプロジェクトが発起しました。

プロジェクト名

「○○販売プロジェクト」

です。(○○は対象商品の総称)

7人のチームが3つの合計21人のプロジェクト
です。

7人のチームの内訳は

1人:設計
4人:好業績の営業(育成期待)
2人:低業績の営業(成長期待)

となります。

成長が期待される2人の営業の業績が
上げられるかというところがポイントと
なります。

これから毎月業績の確認会議がもたれ
半年後の11月には経営幹部への
業績発表会があります。

この確認会議の間(要は業務遂行の間)
をActionT.C.を活用して

行動定着化

を図ろうというものです。しかも

相互フィードバック

を活用して確実により良い行動に
つなげようというものです。

リアルに業績を上げるために
PDCFAメソッドが活用されるのです。

P:目標を立てる技術
D:行動を続ける技術
C:行動を振り返る技術
F:人から吸収する技術
A:行動を変える技術

この技術を昨日の研修で学んだ
ということです。

むやみやたらに行動しても業績が
上がるものではありません。

いろんな行動を試して結果を考察
して次の行動改善につなげいかね
ばなりません。

要は「行動変容」です。

そんなとき有効なのが毎週行われる

振り返り

フィードバック

となるのです。

それを

メソッドとITで仕組み化したのが真骨頂。

確実にPDCFAを回し続けることができるのです。

さあ
半年後が楽しみです。まずは一ヶ月後の会議
(ミーティングセッションと呼ぶ)
がどうなるか期待したいと思います。

では!

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook