永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

よく話すとよく気づく

みなさん、フィードバックループって研究があるのをご存知ですか。
人にフィードバックするとその言葉が自分に戻ってきて気づくことが
増えるというものです。

私も拙著「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)に、
フィードバックのブーメラン効果のことを書きました。
人に「質問(問いかけ)」をすると、その「問い」が自分に戻り
内省に結びつくというものです。

昨日、ある企業でレジェントを言われる有名講師の方と
ご一緒していてある言葉にハッとしました。

「小さい頃、女子の方が成長が早いのは、よく話すから」

というのです。

よく小・中学校までは女子の方が圧倒的にできます。
ある男女共学の進学校の高校では成績だけでとったら女子校になって
しまうという話を聞きました。
確かにクラスの中でリーダーシップをとるのは女子が多かった記憶があります。

なるほど、一理あります。
(あまり強く言うと性別差別と勘違いされ批判も多そうですが)

この講師の方はある研修では

「とにかく話せ」 というのこと。なぜと聞くと

「話した分だけその人は気づくことが増えるから」

とおっしゃっていました。

最近よく学校の授業で使われるC−Learningも
学生のスマホを使って、授業中に意見を発信させて
プロジェクターに投影することで相互に学び合う場に
する道具となります。

これも「自分の意見を発信させる」のが目的です。

いずれにしても、自分の考えをどんどん言ういうことで
ハッ自分で気づいていくこということですね。

自分の声が耳に入ることで新しい「問い」が生まれる
ということです。

みなさん、自分の意見をどんどん周りに言いましょう。
正解でなくていいし思いつきでも構いません。
改良してベストな考えを見つける過程にすぎないのですから。

ーー
参考書籍
■「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)
https://www.amazon.co.jp/dp/4046026065/

■「できたことノート」(クロスメディア・パブリッシング)
https://www.amazon.co.jp/dp/4844374826/

スマホ活用授業ツール C-Learningはこちら

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook