永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

【実践報告】自己肯定感を高め自分のよさを発見する「できたことノート」実践講座

「できたことノート」のオープンセミナーをビジネスパーソン向けに行いました。
1日3回同じセミナーを行うという珍しい経験をさせてもらいました。
以下、レポート(感想)にまとめました。
【タイトル】:
 自己肯定感を高め自分のよさを発見する「できたことノート」実践講座
【月日】:2017年5月23日(火)
【時間(人数)】:
 第1クラス 12:30-14:30 (5人)
 第2クラス 15:30-17:30 (6人)
第3クラス 18:30-20:30 (5人)
【開催場所】:東京八丁堀 ネットマンオフィス
【アジェンダ】
 1.自己肯定感が低い人や組織の特徴
 2.できたことを見つける3つの技術
 3.自分を見つめる「内省」技術
 4.まとめ
【所感】
1日で同じセミナーを3回行うという初めての経験をしました。
各回の特徴もありましたが共通点もみつかりました。
特に
「できたこと」から自分の「ありたい姿」を見つけるワーク。
できたことノートのメソッドで一番重要で難しい部分なのですが
(そんなことを思っているのは著者だけで)
10分程のワークの時間で、みなさん自分の内側(価値観)と会話をして、
「どうありたいのか」をしっかり話すことができるのです。

見つからないと思っている人ほど
「できたこと」を選択した理由の話を聞いていると
”私はこういう生き方を大切にしているんだという想いが聞こえてきます。

・自宅の金魚の水槽をきれいに片付けた
–>仕事も家庭も毎日キチンとした生活をしたい。

・時間通りに提案書が納品できた。
–>ビジネスマンとして早く一人前と認められたい。

・後輩にアドバイスをしたらお礼を言われた
–>もう直ぐ定年なので何かを後輩に残したい

できたことの履歴は、自分の価値観の集積。
ここに尽きるかなと思います。
できたことを見つけるだけで自分が大切にしているものが見出せるのです。

内省も簡単なワークで誰でもススっとできるようになりました。
次なる行動(こんどこういう工夫をしてみようかな)も見出していました。
続ければどんどん肯定感が上がって行動力もアップすることでしょう。

とてもシンプルなメソッド「できたことノート」ですがその可能性を感じた次第です。

参加者のみなさんありがとうございました。
(写真を撮りそびれました。)

参考:
一日5分よい習慣を無理なく 身につける「できたことノート」(クロスメディア・パブリッシング) http://dekitakoto.jp/

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook