永谷研一ブログ

永谷研一ブログ

「IT業界終わってる問題」を解決するには:エンジニア個人の視点

「丁寧に育てた多くの学生が、東京のIT企業に就職してから
一年もすると、心が病んでボロボロになって帰ってくる」

ある地方のITの専門学校を経営者の言った嘆きの言葉です。

IT業界の受託開発のピラミッド構造は有名です。
大手SIerが企業や行政から一次請けした仕事を子会社やその配下の
ソフトハウスに投げていく方法。2次請け3次請け・・・です。

見積もり手法は”人月”計算という方法。
一次受けのSE(システムエンジニア)の1人月の単価は140万程度。
上級になれば300万もあります。
それが2次3次4次となるにつれ、140万円が100万、80万、50万と下がっていきます。
いわゆる中抜きです。
通常1人月100万程度のPG(プログラマ)単価も80万、50万、20万と下がっていきます。

ピラミッド構造は簡単には崩れません。
大手SIerに入れた人はラッキーですがその下になったら最後。
なかなか一次請けには這い上がれません。
自分の契約を切って一段上の会社と契約するなんて至難の技。相当うまい交渉をしない限り難しいのです。

そして発注する側の姿勢も業者扱い。
仕様変更や急な仕事を発生させることが日常茶飯事なので
うまく効率的なマネジメントをやろうと思っても難しいのです。

結果、ミラミッドの下にいけばいくほどブラック的な働き方になります。
労働時間が非常に多い割には、給料が低いという状況になるのです。

ただソフトウェア開発会社の経営者は営業やユーザーマネジメントの面倒から解放されて、
ただ人を配置して動かしていれば毎月売り上げが楽に上がってくるので
労働環境をよくしようとは思わないのです。

これでは働く人の心が病んでしまうのも致し方ありません。

今、働き方革命が言われ、生産性を上げようと国を挙げて取り組んでいますが、
このような構造的な根本問題として

「IT業界終わってる問題」

にも手をつけてほしいところです。

ではどうしたらいいのでしょうか。私なりに考えてみました。
今回はエンジニア個人の動きの視点での提言です。

この悪夢から抜け出す方法が2つあります。

まず
・日本を捨てて海外で働く
です。

アメリカのAIのエンジニアは新卒で年収1200万といいます。
ドイツでは履歴書に Engineerと書くのはDoctorと書くより尊敬されるといいます。
ベトナムのプログラマは家族との時間を大切にするので午後5時には帰宅するといいます。残業しないのです。

どこで働くかはその人の価値感で決めればいいのですが
海外に目を向けたら日本のいやな構造から一気に解放されて自由の身です。

どうぞ実力で勝負してください。

もうひとつは
・自社商品を作り直接エンドユーザーに売る
です。

受託で人に言われたものを作るのではなく、競争力のある自社商品を作り、直接市場で売ってください。
営業やマーケティングもしなければなりませんので一人では難しいかもしれまん。
でも3人もいれば、企画・営業・開発・保守を分担できます。

アイデア次第で勝負できる時代なのです。
低コストで商品・サービスを作り、A/Bテストによって高速にPDCAを回すことで
市場で競争力をつけていけば良いのですから、難しく考えずいい意味での軽いノリで
これから必要となる商品・サービスを考え抜いてやってほしいと思います。

ただ始めたら勝つまで絶対にやめない!と誓ってください。
そうすればきっと成功します。

この2つに共通して言えるのは

「人生に何一つ失敗なんかない」

ということです。
やってみてダメだったら改良していけばいいのです。

人に食わしてもらうという考えから脱出したときに人は自由になるんだと思います。
エンジニアには最高な時代がやってきているのですから恐れることはありません。

やってみてください。

今回はまずはエンジニア個人の視点で書いてみました。
次の機会にはm業界の構造改革の視点でも考察したいと思います。

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook