C-Learning for business

スマホを活用して
研修の効率と質の向上を。

C-Learningを活用すれば、研修はもっと効率的になり、学びの質の向上を促進できます。社内インフラが使用できない環境や、新入社員がPC配布されない期間も、スマホの活用によりデジタルを活用した効果的対面研修の提供や事前学習、セルフトレーニング、教材倉庫による研修マテリアルの提供が可能になります。

Learning Design

C−Learningによって変わる学びのデザイン

C-Learningは大学や専門学校、高等学校、小中学校の講義、教務の運営、企業における研修など、それぞれの教育シーンに合わせてカスタマイズされています。

①研修の効率化・質の向上
忙しい人材育成担当者の負担を軽減します。
研修参加にあたって事前に提出するアンケートまたはレポートを実施し、受講者状況を正確に把握した上で研修の運営ができます。事前学習やセルフトレーニング、また、教材倉庫を活用すればペーパーコストや印刷準備時間を削減し研修マテリアルの提供が可能です。
②スキル・理解度の向上
主体的な学びの場を実現します。
いつでもワンクリックでアンケートが実施でき、リアルタイムで受講者の理解度をチェックすることが可能です。アンケート結果を踏まえた講師からのフィードバックができ、スキルの習熟度向上につながります。シンプルなインターフェースなのでストレスがなく、受講者・講師共に研修内容に集中することができます。
③行動変容度の向上
研修終了後も続く学びの支援。
各種研修マテリアルを格納し、常時閲覧できる環境を構築することで学習項目の定着と活用の促進が可能です。全ての機能のアクセスログと結果が確認できるため、研修クオリティの向上に向けた改善や事例、ベストプラクティスの共有ができます。

C-Learningは研修の問題を解決します

  • アンケート集計、研修報告書の作成が面倒

  • 社内インフラが活用できない

  • タブレットを有効活用できていない

  • 研修前に受講生の状況が把握できない

  • どれくらい知識が定着しているかわからない

  • 映像の教材を使いたいがストリーミングサーバーが高価

  • 研修教材の活用がその時だけになってもったいない

  • 講師から一斉・個別に連絡できない

Efficiency

研修の業務を効率化を促進します

C-Learningを活用すれば、研修の実施、運用における様々な業務を効率化することができ、忙しい人材育成担当者の負担軽減に貢献します。

System

アンケート集計も教材共有も
あらゆるデバイスで簡単手軽に

C-Learningはクラウドサービスなので、社内インフラを用意する必要はありません。スマホ、タブレット、PC、ガラケーといったあらゆるデバイスに対応しています。

− 全体 −

管理機能

講座、研修担当者、受講生、履修(受講)が自由に設定が可能です。

連絡・相談

講師からの一斉連絡、個別連絡が可能です。また、別会場や自宅にいる人との共有もできます。

ニュース

緊急のニュースをアナウンスすることが可能です。

終了講座保管

研修データを蓄積することで、過去に実施した研修との比較が簡単にでき、教材の改善につなげることができます。

− 研修前 −

出席管理

誰がどの研修に参加したか出席の履歴が一覧で確認することができます。

アンケート

事前アンケートで受講生の状況をリアルタイムに把握することが可能です。

小テスト

確認テストを実施することによって受講者の知識レベルを事前に把握することが可能です。

教材倉庫

様々なフォーマットの教材マテリアルを事前に配布・共有して、いつ誰が閲覧したかを一覧で把握することが可能です。

− 研修中 −

クイックアンケート

ワンクリックでその場ですぐにアンケートを開始することが可能です。アンケート結果をリアルタイムに共有し、回収作業も簡単にできます。

小テスト

小テストを実施することで、正答率の低い項目を把握し、重点的に演習を実施することができます。

教材倉庫

スマホで撮影したロープレなどの動画を協働板にアップして、受講生全体で優れたものを教材として全員に共有することが可能です。

協働板

研修中にカテゴリごとに疑問点を受け付け、リアルタイムに回答を共有することができます。

− 研修後 −

ドリル

ドリルで反復的な知識定着の環境を作り、確実な学習の定着と促進が可能です。

教材倉庫

各研修の教材を常時閲覧可能な教材として共有でき、学習の定着と促進が可能です。

レポート

レポートで事後宿題を出すことで、研修後でも行動実践の促進が可能です。

活動履歴

目標達成に向けた行動実践と学びの履歴を共有することが可能です。

Page Top

Contact US

製品に関するご質問、ご相談、取材の依頼など、お気軽にご相談ください。

コンタクトフォームへ
Facebook